【開催報告】CANPAN・NPO連続セミナー「ソーシャル時代の『働き方』塾 NPO編」

  • 寄稿
  • NPO
この記事の読了時間:約2分
2013.06.02
970043 515156095200302 783561045 n
Picture?type=normal

山田泰久

日本財団CANPAN・NPO連続セミナー野第2弾も無事開催することが出来ました!

日本財団CANPAN・NPO連続セミナー
ソーシャル時代の『働き方』塾 NPO編
~クラウドサービスを使用した情報整理術~
日 時:2013年5月29日(水)18:30~21:30(開場18:15)
会 場:日本財団ビル2階会議室3~4
参加者:公益活動の意味でのソーシャルからソーシャルメディアまで、
    ソーシャルな人であれば誰でも参加できます。
参加者:15名
主 催:日本財団CANPANプロジェクト


取材レポート

Thumb_941408_515155841866994_1160615216_n

団体内外からの情報収集。
あるいは、団体内外への情報発信。
メールやソーシャルメディアも含めて、様々な場面で情報を扱うことが仕事の中心になってきました。

NPOの組織運営や普段の業務の中でも、効率的効果的に仕事を進めていくためにも、情報整理は必要不可欠な時代になってきました。また、スマホやタブレットの機器類から、EvernoteやfacebookなどのITツールまで、いろいろな道具が次から次へと出てきています。

今回のセミナーでは、企業研修やビジネスセミナーで「ソーシャルメディア時代の『働き方』塾」(http://shigatakeshi.com/)というテーマで知識労働への対応と激増する情報の整理術に関する講師をされている株式会社アダプティブデザインの志賀健さんをお迎えして、クラウドサービスを使用した情報整理術についてお話しをしていただきました。

今の時代にあった働き方の考え方から具体的なツールの活用まで、デモを含めて3時間で濃密な内容でレクチャーをしていただきました。

クラウドサービスを使用した情報整理術
講師:株式会社アダプティブデザイン 代表取締役社長 志賀健さん
・情報の流入量が人間の頭の処理を超えてきてます。
・情報の断捨離をクラウドサービスを使ってやりましょう!!
・Evernoteや、Omnifocusなどの上手な活用法

<講師プロフィール>
株式会社アダプティブデザイン 代表取締役社長 志賀健さん
外資系のソフトウェア会社を中心にプロダクトマネージメントの仕事を通じて、技術者の想いを届けるお手伝いをしてきました。最近は活動の中心を自分の法人に移して、何ができるか問いたいと思います!
Blog:http://www.shigatakeshi.com/
Twitter:http://twitter.com/shigatakeshi
Facebook: https://www.facebook.com/shigatakeshi.info

取材日2013年05月29日
訪問場所日本財団ビル

93

http://blog.canpan.info/cpforum/archive/93

詳細はこちらをご覧ください。

Facebookコメント

Picture?type=normal

山田泰久


自分用にメモをつける

意識調査

実施中 クラウドファンディングで出資をしたことがありますか?

6
リディラバも挑戦中のクラウドファンディング。近年ではNPOの資金調達方法としても活用されています。あなたはクラウドファンディングで出資をしたことがありますか?
合計: 108

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます