テクノロジー×学生で社会を変える! イマジンカップに懸けるマイクロソフトの想い

  • 寄稿
  • IT
  • 学生
  • 国際化
この記事の読了時間:約5分
2013.06.27
44f9368ec6574d9b6415f39ca1c01ad0 s
Picture?type=normal

Masa Morishita

“閉塞感”や“内向き志向”。現代に生きる日本の若者を形容しているとたびたび使われる言葉です。でも、ホントにそうなの? 答えは“否”です。ITを武器に日本から世界へ挑戦し、そして素晴らしい結果を残してきた若者たちに、私たちはもっと目を向けるべきです。

当時大学3・4年生だった2011・2012年に、私はマイクロソフト主催の学生向け IT コンテスト“イマジンカップ”にソーシャルメディア・レポーターとして参加しました。“IT(情報技術)を武器に世界を変えたい”と野心を燃やす学生起業家たちが世界180カ国以上から一箇所に集まるその緊張感と興奮は今でも忘れられません。

私自身が現場で見たこと・感じたことを共有することで、もっと多くの学生がイマジンカップの舞台に挑戦し、日本の存在感を世界に示して欲しいとの願いから本記事を投稿させて頂きました。


“IT のオリンピック”イマジンカップとは?

残り:2312文字/全文:2717文字

Facebookコメント