観光の選択肢に「人との出逢い」を

  • 寄稿
  • 国際化
この記事の読了時間:約3分
2013.07.02
111d3002831b5e2e61d4cb53506a61ca s
Picture?type=normal

Naohiro Makita

[旅に何を望む?]

 日本文化の中心である京都には、毎年多くの外国人旅行者が訪れます。京都市産業観光局の調査結果によると、H.23年の京都市宿泊外国人客数は約51万5千人です。
 そんな多くの外国人旅行者は京都に何を求めてやって来るのでしょうか?

 もちろんお寺などへの訪問が観光のメインとなっているのは確かです。でも皆さんが海外に旅をする時に、それだけで満足ですか?現地の人との交流があったらもっと鮮やかな思い出になりませんか?
 そこで外国人旅行者もこんな思いを持っているのでは、と思い調べてみました。


日本人と交流したいと思いますか?

 我々MeetUs Kyotoが2012年9月に外国人旅行者90人に対して行なった、Facebookによるインターネット調査、京都「カオサンゲストハウス」でのヒアリング結果によると、「日本に旅行している時に、日本人と交流したいと思いますか?」という問いに対して、「とてもそう思う」という回答が67%を占めました。


日本に旅行している時に、日本人と交流したいと思いますか?

残り:1427文字/全文:1904文字

Facebookコメント

Picture?type=normal

Naohiro Makita


自分用にメモをつける


意識調査

実施中 「豊洲に移転し築地再開発」の方針、賛成?反対?

8
東京都の小池知事は、市場を豊洲に移転したうえで、築地を再開発して市場機能を確保しながら、5年後をめどに食をテーマとした一大拠点とする基本方針を表明しました。あなたはこの方針に賛成ですか?反対ですか?
合計: 4

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます