人間関係におぼれる都会人たち

  • 寄稿
  • 地域
この記事の読了時間:約1分
2013.08.30
B
Photo:http://www.photo-ac.com/main/detail/227627?title=%E5%A4%8F%E3%81%AE%E6%B0%B4%E7%94%B0%E3%81%A8%E7%A9%BA

NPO法人 遊楽

 都会では、たまたま同じ集団に属しているから、というだけの理由ではじまる人づきあいが多くなっています。こうした、属性だけによる希薄な人間関係のなかでは自分が必要とされている、ということを感じにくいものです。また、単純に都会には人が多く自分が全く知らない赤の他人と接触する機会が多いです。こういった理由から、都会では、人の数は多いのに孤独を感じてしまうという矛盾が起きやすくなっています。
 また、もう一つ都会の人が抱えている問題があります。それは様々なメディアから入ってくるあらゆる情報のインプットに追われて、自分の頭で色々考えるための時間が十分にとれていないということです。実際、スマホを常に操作していることが自分のことについて考える機会や創造的な発想をする機会をことごとく奪っている、という発表もなされています。SNSでのうわべだけのつきあいもそれを加速させているのかもしれません。これにより一層自身とその周囲のことがらを考える余裕が失われていき、漫然と、人間関係という海におぼれて孤立を深めるという悪循環が生まれているのです。
 この記事では、自身や人間関係の在り方を見失いがちな都会の住人たちが、どのようにしてそれを発見し、再構築できるのかを考察・実践していきます。


Facebookコメント

NPO法人 遊楽


自分用にメモをつける


意識調査

実施中 「豊洲に移転し築地再開発」の方針、賛成?反対?

8
東京都の小池知事は、市場を豊洲に移転したうえで、築地を再開発して市場機能を確保しながら、5年後をめどに食をテーマとした一大拠点とする基本方針を表明しました。あなたはこの方針に賛成ですか?反対ですか?
合計: 4

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます