毎日同じことを繰り返す大学生たち -学生の情報格差-

  • 寄稿
  • NPO
  • 大学生
  • ボランティア
  • 情報格差
この記事の読了時間:約4分
2013.10.12
Bb
Photo:http://www.photo-ac.com/main/detail/129483?title=%E3%81%AF%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%90%E8%8B%A5%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A12
Activo logo 200x180

学生向けボランティア募集データベースサイトACTiVO

「昼起きる」
「とりあえず4限の授業だけ参加」
「学校ではいつものメンバー」
「バイト」
「サークル」

このようなルーティンの中で生活している大学生も少なくありません。
そして同時に、毎日の生活に「何か足りない」と感じている学生も大勢います。

「バイトやサークルを精一杯頑張りたい」
「いつものメンバーを大切にして過ごすことが私の幸せ」
このように考えているのならそれは素晴らしいことです。
しかし、そうでない場合は、自分の好きなことややりたいことが見つからず、好きな仕事も見つからず、自信を持てない、何か足りない人生を送ることになってしまうのではないでしょうか。
逆に、自分が好きなことが明確で、それをやることができる人生はとても幸せだと思います。


なぜ、多くの大学生が現状の生活に満足していないにも関わらず、一歩を踏み出して新しい行動を起こすことができないのでしょうか。

一つの大きな原因として、
「そもそも自分の身の回りにどのような選択肢があるのか分からない」
ということが挙げられます。

一部のいわゆる意識の高い学生は、Google検索やSNSを使いこなし、情報を仕入れることができます。
また、一部の運のいい学生が、友人や先輩からの誘いで、何か行動を起こして、知らない世界を知ることができます。

しかし、そうでない学生は、学内のサークル、バイトといった少ない選択肢、きっかけの中で生活しています。
その限られた情報の中に、自分が興味を引く選択肢がないかも知れないし、しぶしぶ、どれか選ぶことになっているのではないでしょうか。

この問題の解決には、
「学生が受け身でも選択肢を知ることができる仕組み」
を創る必要があると考えています。


学生が「好き」を見つけられる社会をつくる。

残り:1676文字/全文:2462文字

Facebookコメント

Activo logo 200x180

学生向けボランティア募集データベースサイトACTiVO


自分用にメモをつける


意識調査

実施中 「豊洲に移転し築地再開発」の方針、賛成?反対?

8
東京都の小池知事は、市場を豊洲に移転したうえで、築地を再開発して市場機能を確保しながら、5年後をめどに食をテーマとした一大拠点とする基本方針を表明しました。あなたはこの方針に賛成ですか?反対ですか?
合計: 4

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます