働くママに聞いた、働きながら子育てをする秘訣1

家族留学体験レポート編
  • 子供
  • 子育て
  • 女性の社会進出
この記事の読了時間:約7分
2015.12.23
 kazokuryuugaku
Photo:所蔵:リディラバ

 将来、あこがれの職業がある!そのために大学に入りました!――。そういった女子大生たちの悩み。それは、働きながらの「出産・育児」です。

 

実際、私もそんな悩みを抱えるうちの1人です。将来、新しい医療技術の開発を目指す私にとって継続的に研究を続けることは必須であると思うし、私自身も働き続けたいと思っています。その一方で自分が育ったような家庭をゆくゆくは築きたいとも思っているのですが、仕事と子育てを両立している自分の将来の姿が全く想像できません!母は、私が小学校高学年になるまでの間は完全に仕事を離れていました。そのため、身近にバリバリ働きながら、子育てもしっかりとしている理想のお母さん像がいないのです。そんな不安を感じていた時に出会ったのが、働きながら子育てをするママと娘の家庭の生活を覗くことができる「家族留学」(※1)というイベント。働くママの実情を間近で見ることができるこのイベントに参加して来ました!

 

※ 1 家族留学…プレママ/プレパパ世代である大学生が子育てをするご家庭を訪問してママと子供の生活をみたり、ママの生き方について話を聞くことで、仕事結婚子育てすべてを含めた自分の将来について前向きに考えられるよう作られた企画。主催は子どもと一緒に参加可能な子育てを学ぶ機会を提供するasobi基地と子供を持ちながら働くという女性の生き方を考える機会を提供するmanma

家族留学体験レポート

残り:2948文字/全文:3568文字

Facebookコメント

Shiori1 720

本多 栞

リディラバメディア事業部
慶應義塾大学環境情報学部2年生
最近は「どうしたら女性が仕事と子育てを両立できるか」についてを考えている。
大学では、精神疾患を”音楽”を使って治療するという目標を達成すべくバイオ研究会に所属し、勉強をしている。
音楽がとにかく好きで、ピアノや和太鼓、篠笛などを趣味で演奏している。近頃は高校から始めたテナーサックスに夢中で、大学では吹奏楽サークルとジャズ研に所属し練習に励む日々を送っている。

自分用にメモをつける

意識調査

実施中 クラウドファンディングで出資をしたことがありますか?

6
リディラバも挑戦中のクラウドファンディング。近年ではNPOの資金調達方法としても活用されています。あなたはクラウドファンディングで出資をしたことがありますか?
合計: 346

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます