チョコレートはフルーツの味がする?       ガーナで知ったカカオ豆の秘密

「本当のガーナチョコレートを作るプロジェクト」代表、野呂謙友に聞く
だれもが一度は口にしたことがあるチョコレート。しかし、チョコレートをどのように作るかを知っている人は少ないのでは? 実は、チョコレートの味は生産地におけるカカオの発酵が大きなポイントになる。そのことを旅先のガーナで知った「本当のガーナチョコレートを作るプロジェクト」代表の野呂謙友さんは、カカオ豆とチョコレートの虜になった。それは知られざる世界への入り口だった――。
この記事の読了時間:約7分
2015.12.23
11639472 738819752893770 1215243629 o
Photo:所蔵:リディラバ

ーカカオ豆に興味を持つなんて、とてもマニアックですね!

 

野呂 大学1年生の夏休み、学生団体を介して6週間ガーナに旅行しました。そして、ガーナの地元の小学校・中学校で英語や数学を教える教師のボランティアをしたのです。私が訪れた村にはカカオ豆の農園がたくさんあり、農家の子がたくさんいました。それが、カカオ豆、チョコレートにのめり込むきかっけでした。

 

ーそれが今の「本当のガーナチョコレートを作るプロジェクト」にもつながっているのですね。

 

野呂 そうです。実際にガーナを訪れて気づいたことがありました。渡航前は、ガーナといえばチョコレートの国というイメージでした。しかし、実際には、ガーナはカカオ豆の国、つまり、チョコレートの原料の国だと知りました。ガーナでチョコレートが作られるだろうとすっかり勘違いしていたのですが、実際には違ったわけです。そのとき「日本にはガーナチョコレートという商品まであるけれど、実際に原料のカカオ豆からどうやってそのチョコレートを作るのだろう?」と疑問に思いました。

 

もうひとつ驚いたのは、ガーナはカカオ豆の一大生産地なのに、現地の子供たちはチョコレートを食べたことがなかったことです。そこで、現地の農家の子どもたちを対象にカカオ豆からチョコレートを作るワークショップを開催することにしたのです。ワークショップは、プロジェクトの初代代表だった宮坂和憲さんと一緒に実施しました。参加者からの評価もよく、大成功に終わりました。子どもたちから「次は、いつチョコレート作るの?」と言われて、本当に嬉しかったことを覚えています。

ガーナでのワークショップの様子

 

帰国後、ガーナで知ったチョコレート本来の味をたくさんの人に広めたいと思い、カカオ豆からチョコレートを作るワークショップを計画しました。日本で売られているチョコレートはなめらかでミルク感が強く、甘いのが一般的ですよね。でも、実はチョコレートはワインやコーヒーと一緒で、原料の産地によって味が大きく変わります。カカオの風味を活かしたチョコレートは、独特の風味がある。例えば、チョコレートなのにベリー系の酸味やナッツのようなフレーバーがします。そこで、ガーナのカカオ豆で作られたならではのチョコレートの味を知ってもらいたい。その想いから「本当のガーナチョコレートを作るプロジェクト」の活動に参画を決めたのです。

本当のガーナチョコを作るために必要なALL MADE IN GHANAチョコレート

残り:2464文字/全文:3546文字

Facebookコメント

11050825 1555209551417803 1637026021750062633 n

川路和則

リディラバメディア事業部
大学2年生
教育と貧困問題に関心を抱いている。日本史の中でも明治時代以降が好きで、陸奥宗光の優れた外交能力にこの間驚いた。

自分用にメモをつける

意識調査

実施中 クラウドファンディングで出資をしたことがありますか?

6
リディラバも挑戦中のクラウドファンディング。近年ではNPOの資金調達方法としても活用されています。あなたはクラウドファンディングで出資をしたことがありますか?
合計: 167

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます