「オリンピック」と「パラリンピック」の未来

テクノロジーと身体の融合
  • 福祉
  • オリンピック
  • パラリンピック
 日々進化する技術。パラリンピアンたちの使う器具もその恩恵にあやかっているものの一つだ。2012年、ロンドンオリンピックは両足義足の選手が初めてオリンピック出場を果たした記念すべき大会だった。この記事では、未来のパラリンピアンがオリンピアンの関係について考えてみたい。
この記事の読了時間:約4分
2015.12.23
    10
Photo:https://pixabay.com/ja/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF-2004-%E3%82%A2%E3%83%86%E3%83%8D-%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%83%A3-10-%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B-84221/

両足がない陸上選手がウサイン・ボルトを超える日

 2012年、ロンドンオリンピック。男子100㍍走の試合に、両足義足の選手がいたことを知っているだろうか? 南アフリカ共和国代表のオスカー・ピストリウス選手だ。彼は先天的に足に障害があり、生まれてすぐに足を切断せざるをえなかった。そのため、彼は生まれてからずっと義足を使用している。

 幼いころから義足であっても身体能力の高かった彼は様々なスポーツを嗜んでいたという。そんな彼が陸上をはじめたきっかけはもともとやっていたラグビーの怪我のリハビリだった。あっという間に様々な障がい者大会で好成績を残し、健常者大会でも上位に食い込むようになった彼はいつしか、オリンピックに出たいと思うようになったという。

 

 オリンピック出場という夢にむかって励むピストリウス選手には多くの壁が立ちはだかった。

 国際陸上競技連盟は義足は陸上競技に優位にはたらくとして、参加を認めなかったのだ。しかし、ピストリウス選手はそこで諦めなかった。スポーツ仲裁裁判所に提訴し、マサチューセッツ工科大学協力のもと義足が優位に働くという十分な証拠はないという結果を導き出し、見事ロンドンオリンピックへの切符を手にした。

 

 結果は、準決勝敗退。しかし、同大会で優勝したボルト選手とのタイムの差は、わずか1秒28。ピストリウス選手が五体不満足とは思えない走りをしていることがいえる。 

 

 そして、ピストリウス選手の記録は一般的なアスリートのそれとは比べ物にならない伸びをみせている。世界最速の男として有名なウサイン・ボルト選手と比較してみよう。北京オリンピックでは11秒17であったタイムが10秒91に縮まっている。ウサイン・ボルト選手は北京五輪で9秒79であったタイムがロンドン五輪では9秒63であることから、ボルト選手がもともと速いということを差し置いてもオスカー・ピストリウス選手の伸び率は凄まじいことがわかる。

オリンピック金メダリストを越えた義足ジャンパー

残り:1313文字/全文:2187文字

Facebookコメント

Ridi

リディラバ メディア事業部

リディラバ メディア事業部
お問い合わせ:media@ridilover.jp

自分用にメモをつける


意識調査

実施中 クラウドファンディングで出資をしたことがありますか?

6
リディラバも挑戦中のクラウドファンディング。近年ではNPOの資金調達方法としても活用されています。あなたはクラウドファンディングで出資をしたことがありますか?
合計: 82

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます