意外と知らない!?イマドキの”終活”事情

  • 福祉
この記事の読了時間:約4分
2015.12.23
Dd428b261a0401155665062fc44dbe7c s
Photo:http://www.photo-ac.com/main/detail/195749?title=%E3%81%8A%E5%B9%B4%E5%AF%84%E3%82%8A%E3%81%AE%E6%89%8B%E3%81%A8%E6%94%AF%E3%81%88%E3%82%8B%E6%89%8B13#_=_

2012年ユーキャン新語・流行語大賞に選ばれた”終活”。エンディングノート(※1)と呼ばれる、「遺言」を書いた人も多いのではないだろうか。実際、御年50を迎える私の母もその一人である。

自分が死んだ時に家族が困らぬよう書いたエンディングノート。このエンディングノートをめぐってある疑問が一つ、私の中で生まれた。

 

死ぬのは誰か。

 

間違いなくエンディングノートを書いた本人であるのだが、イマドキの終活が死を迎える人にとって、必ずしも思い残すことなく死を迎えられる準備ができるものではないと筆者は感じている。もちろん、自分が死んだ後に、家族が困らぬよう、お墓のこと、葬儀のこと、相続のこと、、、そういったハード面での人生の終え方を決める項目があることは構わないし、むしろ必要な要素であろう。現在の終活もそれらの選択を最善なものとできるようレクチャーが行われるケースが多い。

 幸せに死を迎えるためには、そして余生をより充実させるために必要なものは何か。イマドキの”終活”事情を追い、幸せな死に方を追求してみたい。

 

※1エンディングノート...人生の終盤に起こりうる万一の事態に備えて、治療や介護、葬儀などについての自分の希望や、家族への伝言、連絡すべき知人のリストなどを記しておくノート。遺言状と異なり、法的な拘束力はない。(和製英語) デジタル大辞泉(コトバンク)

"終活”ということばが指す最高の死に方

残り:1784文字/全文:2418文字

Facebookコメント

Ridi

リディラバ メディア事業部

リディラバ メディア事業部
お問い合わせ:media@ridilover.jp

自分用にメモをつける

意識調査

実施中 クールビズの室温28度設定についてどう思いますか?

2
クールビズについて「28度は不快」「科学的根拠ない」など意見が相次いでいます。あなたは、クールビズの室温28度設定についてどう思いますか?
合計: 38

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます