我々はどこで自分の体について知るのか。

  • 寄稿
  • 教育
  • 医療
この記事の読了時間:約5分
2012.08.26
Ballpoint of common ballpoint pen
Photo:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/38/Baby-global.jpg/800px-Baby-global.jpg

ひろか

女性の卵子は30歳を境にどんどん衰えていくということを知っているだろうか。30歳以降の女性は妊娠しにくくなる上に、妊娠した場合でも何かしら障害を持った子供が生まれてくる確率がぐんと上がるのである(下グラフ参照)。しかし、この事実を学校では教えてくれない。そのため、仕事に力を入れているうちに30歳を超えてしまい、いざ子供がほしいとなった時になかなか妊娠できずに産婦人科を訪れ、初めて医師から聞かされるという女性が増えているのである。他にも我々の体について義務教育中に教えてくれないことは多い。このような状況を改善するために、日本の性教育について見直してみたい。


Www.childbirth35

http://www.childbirth35.com/

 

高齢出産についての情報(メリット、デメリットなど)をまとめたサイトです。

Detail02_3158_1

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3158_1.html

 

NHKのクローズアップ現代の公式サイトです。以前放送された、卵子の老化に関する番組についてのページになります。

不育症例の年齢分布および年齢別流産率

残り:2235文字/全文:2753文字

Facebookコメント

ひろか


自分用にメモをつける

意識調査

実施中 クラウドファンディングで出資をしたことがありますか?

6
リディラバも挑戦中のクラウドファンディング。近年ではNPOの資金調達方法としても活用されています。あなたはクラウドファンディングで出資をしたことがありますか?
合計: 139

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます