【第1弾】SEALDsに問う、「デモで社会はかわるのか?」

YouthCreate原田氏×リディラバ安部氏対談企画(2015.08.24開催)【第1弾】※全6回
  • 政治
安全保障政策を巡って、全国で行われたデモ活動。その中で特に脚光を浴びたのがSEALDsの若者たち。

「デモで社会は変わるのか?」


スピーカーは、若者の主体的政治参画を促進させるイベントを開催するNPO法人YouthCreate代表原田謙介氏と、社会課題の現場を訪れるスタディツアーを企画運営する一般社団法人リディラバ代表安部敏樹氏。

社会を変革していく仕組みである本来の『民主主義の在り方』を、次世代の日本を担う若者2人が、SEALDsに、そして世間に問う。


第2弾「今どきの人は“輿論”と“世論”の違いを分かってない!」 (http://www.trapro.jp/articles/541)

第3弾「議員が街を作る時代は終わった」 これからの政治家に求められる力とは?(http://www.trapro.jp/articles/542)

第4弾「教育現場にアファーマティブ・アクションを!」(http://www.trapro.jp/articles/543)

第5弾「当事者性が反映される意思決定の仕組みとは?」 (http://www.trapro.jp/articles/544)

第6弾「(政治家が)当り障りのないことばかりいうから誰を選んでいいかわからない」(http://www.trapro.jp/articles/545)

この記事の読了時間:約7分
2016.01.30
          2015 12 26 1.35.02
Photo:リディラバ所蔵

 

デモでは社会は変えられない

 

原田謙介氏(以下:原田):今回の安全保障政策を巡る若者の動きはとても気になるんですよね。立場上、賛否を明言できないからデモの場にはいってないけれど、色々調べてはいます。様々な勢力が混じっているとはいえ、あれだけ多く若年層が加わって全国的に広がっていったというのはこれまでにないし、キャンペーンが持続的で、ここまで続いていることが、すごい。

 

安部敏樹(以下:安部):元々、SEALDsの奥田君と僕は知り合いで、3年前位前に僕のところに相談にきて、彼は「社会を変えたい」という話をしていました。

活動が大きく取り上げられるようになって、奥田君も色々と叩かれたりして大変だなと思ってるんだけど、少なくとも3年前に彼と議論して感じたのは、彼の親もたしか活動家で、活動に対してのHOW TOがよくわかっているということと彼自身が非常にピュアだということ。ピュアな思いでやっているし、ちゃんと続けてやっていたんだと、今回彼の活動の様子を見てすごいと思った。それから、ハラケン(原田のニックネーム)と同じようでちょっと違って、いい意味で肩の力が抜けてる。

 ただ、デモに関してはちょっと…。「このやり方で社会が変わるのか?」と僕は思う。もしかすると、法案に関して多少の変化をもたらす可能性はあるし、安倍政権の支持率低下にも一役買うかもしれないけれども。

 

原田:SEALDsの話はSNSではしたことないんですよ。色んな予測できない反応が来そうだし、中立の立場じゃなく捉えられるのも嫌だし

 

安部:そこをぜひ(笑)

 

戦略がないデモはあまりにも虚しい

残り:3246文字/全文:3975文字

Facebookコメント