【第5弾】「当事者性が反映される意思決定の仕組みとは?」

YouthCreate原田氏×リディラバ安部氏対談企画(2015.08.24開催)【第5弾】※全6回
  • 政治
安全保障政策を巡って、全国で行われたデモ活動。その中で特に脚光を浴びたのがSEALDsの若者たち。

「デモで社会は変わるのか?」


スピーカーは、若者の主体的政治参画を促進させるイベントを開催するNPO法人YouthCreate代表原田謙介氏と、社会課題の現場を訪れるスタディツアーを企画運営する一般社団法人リディラバ代表安部敏樹氏。

社会を変革していく仕組みである本来の『民主主義の在り方』を、次世代の日本を担う若者2人が、SEALDsに、そして世間に問う。

第1弾 SEALDsに問う、「デモで社会はかわるのか?」
http://www.trapro.jp/articles/540)

第2弾「今どきの人は“輿論”と“世論”の違いを分かってない!」
(http://www.trapro.jp/articles/541)

第3弾「議員が街を作る時代は終わった」 これからの政治家に求められる力とは?
(http://www.trapro.jp/articles/542)

第4弾「教育現場にアファーマティブ・アクションを!」
http://www.trapro.jp/articles/543)

第6弾「(政治家が)当り障りのないことばかりいうから誰を選んでいいかわからない」
(http://www.trapro.jp/articles/545)




この記事の読了時間:約5分
2016.01.30

民主主義で軽視される当事者性

安部敏樹氏(以下:安部):今の民主主義の仕組みですごく軽視してるなって思うのが、当事者性だと思うんだ。当事者性って、本当に自分が当事者じゃなくても、友達が当事者ってだけでもすごく高まるものじゃないですか。あるイシュー(政治的論点)に対して当事者性があるかどうかで、自分が投票したいとか、意思決定に参加したいとかいう動機づけが高まる。

 

原田謙介氏(以下:原田):例えば、友達が立候補したから投票しよう、みたいなね。

 

安部:そういう当事者性の部分を軽視した設計になっているなってすごく思っていて。関心を持った人の方が情報を持つから、そういう人が意思決定しやすいようになることが大事かなって。そもそも、全てのことをみんなで決めていく必要があるのかな、と。

 

原田:賛成。今は一定の年齢になれば、誰でも選挙権が与えられるけど、例えば、一定のテストをクリアしないと投票しちゃいけないとかっていうのは、俺はありだと思う。

 

論点ごとに分けた代議士を

残り:2223文字/全文:2689文字

Facebookコメント