【第6弾】「(政治家が)当り障りのないことばかりいうから誰を選んでいいかわからない」

YouthCreate原田氏×リディラバ安部氏対談企画(2015.08.24開催)【第6弾】※全6回
  • 政治
安全保障政策を巡って、全国で行われたデモ活動。その中で特に脚光を浴びたのがSEALDsの若者たち。

「デモで社会は変わるのか?」


スピーカーは、若者の主体的政治参画を促進させるイベントを開催するNPO法人YouthCreate代表原田謙介氏と、社会課題の現場を訪れるスタディツアーを企画運営する一般社団法人リディラバ代表安部敏樹氏。

社会を変革していく仕組みである本来の『民主主義の在り方』を、次世代の日本を担う若者2人が、SEALDsに、そして世間に問う。

第1弾 SEALDsに問う、「デモで社会はかわるのか?」
http://www.trapro.jp/articles/540)

第2弾「今どきの人は“輿論”と“世論”の違いを分かってない!」
(http://www.trapro.jp/articles/541)

第3弾「議員が街を作る時代は終わった」 これからの政治家に求められる力とは?
(http://www.trapro.jp/articles/542)

第4弾「教育現場にアファーマティブ・アクションを!」
http://www.trapro.jp/articles/543)

第5弾「当事者性が反映される意思決定の仕組みとは?」
http://www.trapro.jp/articles/544)






この記事の読了時間:約9分
2016.01.30
          2015 12 26 1.35.02

 

 

マニフェストとの上手な付き合い方

 

安部敏樹氏(以下:安部):(政治家が民意を汲み取るために導入しているパブリックコメントという制度や法案に対するコメントを民衆から公募する仕組みは)民意を汲み取るためには、あまりにも専門性が高すぎて。あるイシューにすごくコミットしたいんだけど、専門性が高すぎて何もわからない、みたいな。論点をすべて網羅するって難しいんだけど、でも、今の時代って、基本的にすべての論点を把握してなきゃいけないじゃないですか。

 

原田謙介氏(以下:原田):それは違うんじゃない。専門性を持たない一般の人でも政治参加できるように、政治家を選ぶようにできてるんじゃないの? すべては把握しきれないから、その党の理念とか、その政治家の目指すところとか、大枠をみて投票してるんじゃない。

 

安部:でも、マニフェストとかみて、本気で選ぼうと。

 

原田:それは政治家の言い分だよね。「ちゃんと、政策掲げてますよ」っていう。例えば、自民党が掲げていたマニフェストを見て自民党に一票を入れた人は、都合のいい解釈かもしれないけれども、自民党が掲げているすべてのマニフェストに賛成したよね、っていうことになるわけで。そうじゃないにしても、そこにあわせなきゃダメだと思うんだよね。あと、選挙が全てではないじゃん。仮に選挙で意思決定が示されても、4年間の任期のなかで、色々な議論があったテーマに関しては、改めて、国民の意見を聞いてもいいし、マニフェスト変えてもいいわけ。変えちゃダメだってのがあまりにも多すぎて。

 

安部:個人的にお願いしたいのは、マニフェストは最高3つまでにして欲しいんですよ、各議員さんには。こうなんか、無難なものをマニフェストにしてる感があるじゃないですか。少子化対策とか女性の活用とかここ五年くらいみなさんマニュフェストに掲げていると思うのですが、安倍政権が本格的に動かすまで実行されなかったでじゃないですか。載せているだけで本当に変えようとしていないなと思って。私はこれを変えますっていうのを最初に言ってもらって、議員さんの出せるマニフェストの数を1~3個程度にしてもらいたい。

 

原田:それって、結局政策で選ばれてない証拠だね。

 

安部:みんな当たり障りないこといってるようにみえて、有権者は何を選んでいいのかわからないんだよ。

 

マニュフェストをフォーマット化しよう

残り:3728文字/全文:4787文字

Facebookコメント

Ridi

リディラバ メディア事業部

リディラバ メディア事業部
お問い合わせ:media@ridilover.jp

自分用にメモをつける

20170718 krp banner
参加募集!「KRP-WEEK2017」シンポジウム
モノづくりする個人や起業家が、もっとその製品を量産化するには?もっと世界のお客さまに発信するには?
モノづくりしたい!製品を世界に発信したい!
そんな個人や起業家の思いに応える活動をされている講師の方々から「モノづくり」の今後をお話しいただきます。

意識調査

実施中 クラウドファンディングで出資をしたことがありますか?

6
リディラバも挑戦中のクラウドファンディング。近年ではNPOの資金調達方法としても活用されています。あなたはクラウドファンディングで出資をしたことがありますか?
合計: 29

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます