R−SIC2015 1日目イベントレポート

  • オープン記事
  • NPO
  • R-SIC
一般社団法人リディラバが主催する、日本で唯一の「社会的事業の経営者・経営幹部」向けの招待制のカンファレンス「R-SIC2015」が2016年1月9日(土)10日(日)、つくば国際会議場で開催された。

今年度のR−SICの特徴は何と言っても、リディラバのメイン事業であるスタディツアーが加わり、参加者が実際に見て、触って、感じることができるプログラムにグレードアップした点だ。1日目はつくば周辺を舞台に、参加者全員がグループに分かれて10のスタディツアーに参加した。さらに会場に戻ってきた後に、社会問題の構造を知るべく、ディスカッションを行なった。教育・環境・医療・メディア等バックグラウンドの異なる各領域の先達たちが社会課題の今を語り合った後は、ウェルカムパーティーが行なわれた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1日目プログラム
・ 開会式
・ スタディツアー
・ ディスカッション
・ 全体共有
・ ウェルカムパーティー
———————————————————————
イベントレポート(2日目)▶http://www.trapro.jp/articles/548
この記事の読了時間:約2分
2016.01.14
Photo:リディラバ所蔵

つくば国際会議場で社会起業家の祭典開催!

今年度で第3回を迎えるR−SIC。社会的事業の経営者、自治体や行政の関係者、メディア関係者など多様なバックグラウンドを持つ方々が、つくば国際会議場に集結した。

前代未聞!?カンファレンス中に参加者全員でスタディツアー!

P1050615.JPG

竹細工活動7.jpg

リディラバの「スタディツアー」は、社会課題の現場を訪れる旅だ。今回のR−SICのプログラムは、会議室にとどまらず現場へというリディラバの精神を体現したものになった。各参加者は10〜20人のグループに分かれて、「農業」や「出産と育児」、「環境保護」、「地域コミュニティと伝統文化の継承」等の様々なテーマに沿った10のツアーに参加した。最新動向の調査や当事者との対話、体験などを通して、各現場の課題やリアルな声を知り、当事者意識を高める機会になった。

 

※  各ツアー概要はR−SIC2015ホームページをご参照ください。

 

共通体験を基に社会問題の構造を考えるディスカッション

ツアー現場でのリアルな共通体験を元に、参加者間で学びのアウトプットを行いました。ツアーを通じて感じたこと、既に持っている関心領域などから、ツアーテーマについて「現状」「理想」「課題」「原因」「解決策」を洗い出し、意見交換をおこなった。

その後に行なわれた各グループのディスカッション内容共有タイムでは他のスタディツアーの学びも共有し、社会課題を考える密な時間となった。

参加者同士のつながりを生むウェルカムパーティー

ウェルカムパーティーでは当日のスタディツアーに関するクイズや、武楽座のライブパフォーマンスなどで会場内は盛り上がり、参加者間の新しいつながりもたくさん生まれた。昼間の真剣な議論の後、心の壁を打破した異分野のリーダー・経営者たちの交流に会場はエネルギーに溢れていた。

 


▽R−SICについてのレポート・感想等を書いてくださっています!

こちらに掲載いたしますので、感想等をお送りいただければ幸いです。

http://gkgk.info/nocategory/6300/
http://nagasakanaoto.blog.jp/160108.html
http://hirokimochizuki.hatenablog.com/entry/mediatokokyosei
http://bellshift.blog.jp/archives/854461.html
http://bellshift.blog.jp/archives/854243.html
http://smsc-toshi.blogspot.jp/2016/01/2015-r-sic.html?spref=tw

 

▽R-SIC2015公式ホームページはこちら

 

 

 

 

 

 

 

Facebookコメント

Ridi

リディラバ メディア事業部

リディラバ メディア事業部
お問い合わせ:media@ridilover.jp

自分用にメモをつける

意識調査

実施中 クラウドファンディングで出資をしたことがありますか?

6
リディラバも挑戦中のクラウドファンディング。近年ではNPOの資金調達方法としても活用されています。あなたはクラウドファンディングで出資をしたことがありますか?
合計: 104

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます