食べる政治、日本最大級選挙情報サイトと業務提携へ

  • オープン記事
  • NPO
  • ニュース
この記事の読了時間:約1分
2016.02.04

政治や社会課題の情報を提供する食べもの付き月刊誌を発行する食べる政治は今月10日、一般社団法人リディラバの主催する社会的事業に携わる人の集うカンファレンス「R-SIC2015」に登壇をし、日本最大級の選挙情報サイトである選挙ドットコム株式会社と業務提携をすることを発表した。

 

 

 

 食べる政治は、2010年に発足した団体で「身近な“食“をきっかけに、政治や社会問題について考えよう」というテーマのもと、毎月違った食材を取り上げその食材にまつわる社会問題について解説されている情報誌を食材と一緒に届けるサービスを展開している。選挙ドットコムは、2006年に開設された選挙・政治家データベース「ザ選挙」の後身であり、「選挙をオモシロク」というコンセプトのもと、政治や選挙に関連するニュースやコラムを届けるサイト「選挙ドットコム」を運営する株式会社だ。

 

 発表時に、食べる政治代表 増沢 諒氏は「今まで、政治やビジネスの間に入っていたNPOが、今度は僕らの方から企業とかビジネスの方に広がっていってもいいのかなと思った。」と述べた。

詳細はまだ発表されていないが、今後の展開に注目したい。

 

Facebookコメント

Ridi

リディラバ メディア事業部

リディラバ メディア事業部
お問い合わせ:media@ridilover.jp

自分用にメモをつける

意識調査

実施中 クラウドファンディングで出資をしたことがありますか?

6
リディラバも挑戦中のクラウドファンディング。近年ではNPOの資金調達方法としても活用されています。あなたはクラウドファンディングで出資をしたことがありますか?
合計: 108

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます