高齢者の雇用対策案で社会問題に挑む「家族が就活アドバイザー」がスタート

  • オープン記事
  • 労働
  • ストレートニュース
この記事の読了時間:約30秒
2016.02.20
39498 vbhegbbvfk

今月16日、人材派遣事業などを展開する株式会社Webstaffが、高齢者のための就活サイト「家族が就活アドバイザー」をクラウドファイディングサービス「READYFOR?」にて発表した。

 

このサービスは、高齢者の就職活動を家族が代行できるような仕組みを提供するもので、高齢者の就活を代行するときの就活のノウハウを提供するものだ。「下流老人」「老後破綻」などの言葉にあるように、高齢者の生活が苦しくなる中、会社として、高齢者の雇用改善として何かできないか思索し、企画に至ったそうだ。

 

同社は「面接にアドバイザーの同伴は当たり前」を社会に浸透させ、行政、民間支援に続く第3の高齢者就活の手段としての確立を目指すという。

 

情報掲載元:https://readyfor.jp/projects/job

 

Facebookコメント