キャンサーネットジャパン、がん患者を支える冊子『もっと知ってほしい がんの免疫療法のこと』を制作

  • オープン記事
  • NPO
  • ストレートニュース
この記事の読了時間:約1分
2016.02.23
Main

2月23日、NPO法人キャンサーネットジャパン(以下CNJ)は「もっと知ってほしい がんの免疫療法のこと」という冊子を作成し、発表した。冊子は全国がん診療連携拠点病院の患者相談窓口、各団体・企業などが実施するセミナーなどで配布される。また、がん医療情報サイト「キャンサーチャンネル」や、CNJホームページからもダウンロードが可能だ。冊子にはがん免疫療法や体に起こる副作用、CNJが患者や家族に知ってほしいことなどが16ページにまとめられている。

 

CNJはがん患者が自身の意思に基づき、治療に臨むことができるよう患者擁護の立場から、科学的根拠に基づく治療法などの情報発信をミッションに掲げている。「もっと知ってほしい がん免疫療法のこと」はがん免疫療法に対する正しい情報を提供するためにCNJが制作した。がん免疫療法は、体内の異物を排除する免疫の能力を高めて治療を行う。

 

冊子は慶應義塾大学医学部先端医科学研究所細胞情報研究部門 教授の河上 裕氏が監修し、国立がん研究センター中央病院先端医療科の北野 滋久氏、九州大学大学院医学研究院臨床医学部門内科学講座 教授の中西 洋一氏、国立がん研究センター中央病院皮膚腫瘍科 科長の山﨑直也氏が取材の協力に応じている。

 

Facebookコメント

Ridi

リディラバ メディア事業部

リディラバ メディア事業部
お問い合わせ:media@ridilover.jp

自分用にメモをつける

意識調査

実施中 クラウドファンディングで出資をしたことがありますか?

6
リディラバも挑戦中のクラウドファンディング。近年ではNPOの資金調達方法としても活用されています。あなたはクラウドファンディングで出資をしたことがありますか?
合計: 166

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます