認知症患者を支えるイベント「RUN伴(ランとも)」PVを映像制作会社とNPOが協働で制作

2016.02.27配信
  • オープン記事
  • NPO
  • ニュース
この記事の読了時間:約1分
2016.02.27
Photo:http://www.photo-ac.com/main/download/%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%81%A7%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%99%E3%82%8B%E5%A5%B3%E6%80%A711/110815?url=%2Fdl%2F%3Fp_id%3D110815%26sz%3Ds%26f%3D32a8efd61f5a0350d8700e7dbbdb856a

 今月25日、認知症患者を地域住民はもちろん、それ以外の人々もみんなで支えていこうというコンセプトのもと行われているイベント「RUN伴(ランとも)」のプロモーション映像とWEBサイトが発表された。

「RUN伴」は、認知症患者とその支援者、一般の人が1つのたすきを繋いでゴールを目指すリレーイベントである。当イベントは2011年から始まり、昨年はスタート地点の北海道から、ゴールの福岡県に到達するまでの約3,000kmを延8,000人が参加した。

 6回目の開催となる本年度は、当イベント主催のNPO法人認知症フレンドシップクラブ株式会社イグジットフィルム日本イーライリリー株式会社の協働でプロモーション映像と特設WEBサイトの製作が行われ、23日に製作を記念し劇場公開イベントが催された。

 

 映像の製作を担当した株式会社イグジットフィルムは「「認知症 × クリエイター」をテーマにしたこのような形での映像/Web制作および劇場公開イベントの開催は、国内では初めての試みといえます。」と記事に綴った。

 

 


 

プロモーション映像はこちら

特設WEBサイトはこちら

 

Facebookコメント