Google、東日本大震災で被災した地域のストリートビューを3年ぶりに更新

  • オープン記事
  • 震災
  • ストレートニュース
この記事の読了時間:約30秒
2016.03.03
Google

2016年3月2日、Googleは東日本大震災で被災した59市19町4村のストリートビューの画像を更新した。

 

2011年7月から、Googleは「東日本デジタルアーカイブプロジェクト」と題して、ストリートビューの技術を用いて震災の被害の様子を残し、震災の記憶の風化を防ぐ活動に力を入れている。2013年に、震災から1回目のストリートビューの画像の更新を行ったため、今回が2回目の更新となる。これにより被災地に行くことが困難な人でも、現地の様子をネット上で把握することが可能

 

2日に公開されたストリートビューやこれまでの震災のストリートビューは未来のキオク」で確認することができる。ストリートビューの画像は東日本大震災から5年間で変わった姿と変わらない姿をありのままに映し出す。その姿を見て、あなたは何を感じただろうか。

 

未来のキオク▷https://www.miraikioku.com/

 

Facebookコメント

Ridi

リディラバ メディア事業部

リディラバ メディア事業部
お問い合わせ:media@ridilover.jp

自分用にメモをつける


意識調査

実施中 「豊洲に移転し築地再開発」の方針、賛成?反対?

8
東京都の小池知事は、市場を豊洲に移転したうえで、築地を再開発して市場機能を確保しながら、5年後をめどに食をテーマとした一大拠点とする基本方針を表明しました。あなたはこの方針に賛成ですか?反対ですか?
合計: 4

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます