今を闘う小児がんの子どもたちに将来の夢を

  • オープン記事
  • 子供
  • 病気
  • ストレートニュース
この記事の読了時間:約1分
2016.03.18
E630550b0a3e8509bfbf55f5d1c57492 s
Photo:http://www.photo-ac.com/main/detail/191170?title=%E3%81%8A%E3%82%82%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%A7%E9%81%8A%E3%81%B6%E7%94%B7%E3%81%AE%E5%AD%9016

認定NPO法人ジャパンハートが2016年5月16日に実施する「すまいるスマイルプロジェクト」の第4回キッザニア企画の応募受付が、今月8日に開始された。本企画では小児がんの子どもとその家族5組をキッザニア甲子園に招待する。イベント中は子どもの状況を把握した医師・看護師が待機し、必要時は移動のサポートも行うため、外出に不安のある子どもも安心して参加することができる。

 

キッザニアは子どもたちが本格的な設備や道具を使って楽しみながら仕事やサービスを体験できる「こどもが主役の街」だ。キッザニア企画は「日々病気と闘い、目の前の辛い治療と向き合う子どもたちが将来を垣間見る素敵な時間になるように」との願いから実施されている。

 

キッザニア企画を応援する方法として、「Donate a photo」の利用がある。「Donate a phote」とは、写真を投稿すると1枚につき1ドル(約120円)が支援したいプログラムに寄付される仕組みで、「すまいるスマイルプロジェクト」を寄付先に指定することができるのだ。

 

416枚の写真で、1人の子供が家族とキッザニアに訪問し、楽しい思い出を作ることができる。

日々病気と闘う子どもたちが笑顔になり、辛い治療を乗り越えて将来の夢に向かう原動力を得るために、あなたの素敵な写真を共有してみてはいかがだろうか。

Facebookコメント

Ridi

リディラバ メディア事業部

リディラバ メディア事業部
お問い合わせ:media@ridilover.jp

自分用にメモをつける

意識調査

実施中 クラウドファンディングで出資をしたことがありますか?

6
リディラバも挑戦中のクラウドファンディング。近年ではNPOの資金調達方法としても活用されています。あなたはクラウドファンディングで出資をしたことがありますか?
合計: 104

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます