育休中だって活躍したい!育休ママのボランティア活動「ママボノ」って?

  • オープン記事
  • 労働
  • ニュース
  • ママボノ
この記事の読了時間:約2分
2016.03.28
C459c5c86503a62b5092c7718736c0ea s
Photo:http://www.photo-ac.com/main/detail/363645?title=%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AE%E8%B5%A4%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93#_=_

 社会人が自分の専門知識や経験を活かしてボランティア活動をする「プロボノ」。今、そのプロボノ活動をする育休中のママが話題となっている。

 

 「プロボノ」はNPOの抱える人材不足という課題を解消する1つの解決策と成り得る。しかし、プロボノたちも平日の日中はメインの勤務先に就業しており、NPOの支援はしたいけれども時間的制約が足かせとなるケースも多かった。そこで着目されたのが育児中のママ「ママボノ」である。産休前にバリバリ仕事をこなしていた優秀なママを雇用できることはNPOにとって、とても有益なことであるし、通常のプロボノでは難しかった平日の日中であっても支援を受けることができる。

 

 この「ママボノ」は、単にNPOだけがメリットを享受するわけではなく、働くママにも良い影響を与える。育休中のママが抱える「復職に対する不安」や、「育児ノイローゼの危機」を解消するきっかけとも成り得るのだ。育児中も自分のペースに合わせて仕事を続けることで復職後のイメージがつきやすかったり、子どもと1日中一緒にいることで身体的精神的疲弊し、発症する育児ノイローゼの予防ができる。現在ママボノを希望する育児休暇中のママを対象としたセミナーが開かれたり、話題となっている。

 

 「ママボノ」の制度は、近年増加傾向にある育児休暇を申請するイクメンにも今後広まっていくのではないだろうか。育児休暇を取得しながら都内の一般社団法人で働く「パパボノ」の佐々木さん(仮名)は、普段働いている会社とはまた違った環境で働きたいという思いから育児をしつつパパボノをするために育児休暇を取得したそうだ。実際にパパボノをしてみて「同じ会社で働くより違う視点が得られたり違う体験が得られる。」と語った。

 

 NPOにとっても育休中のプロボノたちにとってもメリットはあるものの、まだ始まったばかりで課題も残る。佐々木さんは、「場所や時間などもう少し育児と両立しやすい環境の整備がされると良い。また、制度の面でも会社によっては夫婦の両方が育児休暇を取れないことがあるので、夫婦共が育休がとれたらいい。」と語った。

 

 育休中ということに限らず、プロボノをしたいと思う人は社会全体で増えており、それをサポートするNPOに登録をする人も増加している。プロボノと企業のマッチングやプロボノのサポートを行うNPO法人サービスグラント に登録しているプロボノワーカーの数は2010年に770人だったのに対し、2012年には1658人と上昇傾向にある。「働きたいけどどこで働けるのかがわからない」といったようなプロボノ志願者と受け入れ先をマッチングしているのはNPOであるが、将来的には自治体や国が先導を切っていくこともよい策かもしれない。

Facebookコメント

Ridi

リディラバ メディア事業部

リディラバ メディア事業部
お問い合わせ:media@ridilover.jp

自分用にメモをつける

意識調査

実施中 クラウドファンディングで出資をしたことがありますか?

6
リディラバも挑戦中のクラウドファンディング。近年ではNPOの資金調達方法としても活用されています。あなたはクラウドファンディングで出資をしたことがありますか?
合計: 166

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます