非常食なのにデリシャス?災害時のQOLを上げるために。

  • 震災
この記事の読了時間:約2分
2016.05.18
    fotor

 

  • 「震災だ!」「非常食の賞味期限が切れてた…」

東日本大震災が起こった時、東京では食品の欠品が発生し、人々が食べれるものを求めて大混乱が発生した。この混乱の一つの原因は、「備蓄していた災害食の賞味期限が切れていて、食べれなかった」ということである。長い間保存できる震災食にも賞味期限がある。非常食は、ただ備蓄するだけでは、いざという時に役に立たないことがあるのだ。定期的に点検し、賞味期限が切れているものは新しいものに変える必要がある。だが、この定期的な点検は、簡単なこととは言え、割と億劫だ。

 

  • ローリングストック、知ってますか?

 非常食の点検、という面倒な作業を、毎日の食事に組み込むことによって楽にするのが、「ローリングストック」という備蓄の方法だ。備蓄している非常食を、ただ置いておくのではなく、毎日の食事で少しずつ使う。いざという時の賞味期限切れを、この備蓄方法なら絶対に防げるだろう。

 

  • おいしくてヘルシーな非常食の登場

 だが、ローリングストックを実践したとして、「非常食=乾パン」「非常食=不味い」というイメージはないだろうか。そんな非常食を毎日の食に組み込むのには、少し抵抗がある、という方もいるだろう。だが、現在、「おいしくてヘルシーな非常食」が登場している。

 一つ目に紹介するのが、IZAMESHIである。IZAMESHIの非常食のラインナップはかなり豊富だ。ご飯ものではひじきご飯、わかめご飯、五目ご飯など。パン、ラーメンもある。おかず類では、煮込みハンバーグや肉じゃがなど。それに加えてスイーツまでと、災害時にもヘルシーでおいしい食事ができるように、水がなくても、温めなくても美味しく食べられるインナップが用意されている。パッケージも洒落ていて、とても非常食とは思えない。さらに、保存料不使用というヘルシーさが素晴らしい。

 二つ目に紹介するのが、サバイバルフーズの缶詰シリーズである。用意されているラインナップはシチューやクラッカー、洋風えび雑炊など。高級感あふれる料理は、なんとNASAも認めた美味しさらしい。この商品でも、合成保存料は使われていない。

 

  • おいしくてヘルシーな非常食で、災害時のQOLも上がる!

 IZAMESHIやサバイバルフーズのようにおいしくてヘルシーな非常食であれば、ローリングストックを実践するのも苦にならないだろう。しかも、このようなおいしい食事は、強いストレスがかかる災害時において、大きな癒しとなるはずだ。おいしくてヘルシーな非常食で、非常時のQOLも上げることができる。

 日本は災害が多い国である。おいしくてヘルシーな非常食をローリングストックして、災害に備えることが必要だ。


 

Facebookコメント

Ridi

リディラバ メディア事業部

リディラバ メディア事業部
お問い合わせ:media@ridilover.jp

自分用にメモをつける

意識調査

実施中 クラウドファンディングで出資をしたことがありますか?

6
リディラバも挑戦中のクラウドファンディング。近年ではNPOの資金調達方法としても活用されています。あなたはクラウドファンディングで出資をしたことがありますか?
合計: 47

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます