【ツアーレポート】世界一の“山アソビ”を作る(16/10/15-16)

  • オープン記事
  • 地域
  • ツアーレポート
  • 長野
  • 自治体
「アウトドアスポーツよりももっとゆるく、楽しく山と関わる方法があれば、地方と都市の人の交流が増えるのではないか」
そんな思いから、山のことを遊びながら学び、新しい遊び方を考えるツアーを開催しました。
東京・長野・山口から、20代から70代まで幅広い男女8名にご参加頂き、とってもハッピーな時間が流れていた2日間のレポートを御覧ください!
この記事の読了時間:約5分
2016.10.19
               fb


 

1日目 今の山アソビを学ぶ旅

12:15 長野駅集合→ネイチャーセンターへ移動

 

長野駅から車で30分もしないところに、ネイチャーセンターはあります。山と都市部とが近い長野ならではの環境ですね。

まずはこちらの氷室さんに、ネイチャーセンターのことを教えて頂きました。


 

14:00 チームに分かれて晩御飯DIY

ここからは、魚釣り班、火おこし班、ピザ班の3つに別れます!

 

魚釣り班

今回のテーマは晩御飯DIYということで、単に調理するだけでなく、その前の段階から自分たちでつくっちゃいます。

魚料理は釣るところから、釣るのは竿をつくるところからということでまずは竹で釣り竿をつくっちゃいます!

今回は釣り針も自分たちでつくっちゃいます。

今回はゆずの木の枝を使いました。

 

参加者の皆様同士、協力していただきながらせっせとつくっていきます!

 

火おこし班

料理をするには火が必要ですが、折角なら火から作りましょう。

そのためには火おこし器から作らなくてはいけません。

まずは火おこし器の組み立てからです!

 

組み立てが終わると麻ひもをほどいて火おこしに備えます。

 

完成!こちらが火おこし器です。

この棒を回して火種を作り、それを麻ひもに入れて酸素を送り込むことで火をおこしていきます。

 

ピザ班

ピザを作るなら粉から?いえいえ、そんなレベルじゃありません。ピザ窯からつくっちゃいます笑

耐火レンガを買ってきてピザ窯からピザ、つくっちゃいました。

 

ピザ窯、結構簡単にできちゃうんです!

この中に炭をいれて中を熱々にしてピザを焼きます!

 

再び火おこし班

さていざ火おこしをやってみるのですがこれが難しい!

スタッフの豊田もやってみました。

ほら!見てくださいよ!煙が出てきてます!!

だがつかない!

いやー、これほんと難しいんですよ。終わったあと腕プルプルでしたねー

 

しかし、その後皆様がトライしたところ・・・

 

火がおきた!!

 

 

いやー、完全に私の体がなまってますね。

日頃から東京でも火おこしを意識して運動してないとだめですね笑

 

釣り班、釣り開始!

目の前には紅葉が始まりだした山の景色が広がっています。

そのへんから掘ってきた土からミミズを探し、手作りの針につけていきます。

女性参加者の代わりにミミズをつけてくれた参加者のよっちゃん(82)。

本当にありがとうございます!

皆様、思い思いのスポットで獲物を狙っています。

 

 

 

また、山道を散歩中、ガイドの方に山菜のことや、獣のことなど、山のことをたくさん教えてもらいました。

この木はその模様から子どもたちにはスイカの木と呼ばれているそうです。

他にもヤマグリを拾ったりアケビなどが落ちていないか探したりしながら山を散歩しました。

だがしかし、この日は魚、山菜ともに全然釣れずボウズでした。。。

 

晩御飯は火おこし班ピザ班に期待しましょう。

ピザ窯だけじゃなく、もちろん生地も粉から手作りです。

 

火からつくったダッチオーブンもいい感じ!

手前のアルミホイルの中には拾ってきた山栗が入っています。

 


 

18:00 いただきます!

さて、一日かけて完成した晩御飯ができました!!

 

ダッチオーブン!

マルゲリータ!

オクラとアンチョビピザ!

みんなで美味しくいただきました!!

 

今日一日お世話になりましたネイチャーセンターの皆様、本当にありがとうございました!!

この後バスに乗って、宿、Worldtreck & Dinner様へ向かい、ウェルカムドリンクのビールで乾杯、1日目は解散となりました!

 

 

2日目

5:30 善光寺お朝事へ

 

2日目のスタートは善光寺のお朝事。

朝早いですが、折角の機会なのでお数珠頂戴して帰りましょう!

 


 

7:00 門前のお散歩

今回の協力者Creeksの広瀬さんは元々設計に携わっていらっしゃり、門前のリノベーションにも深く関わっている方です。そんな広瀬さんに長野の「街」の魅力を教えていただきながら朝のお散歩をしてきました。

朝が早かったので、朝ごはんの前におやつをいただきました。

鯛ではなく鯉の形になった鯉焼き!

広瀬さんの事務所が入っている金松/KANEMATSUへ

 

 


 

8:00 Creeksに到着 WS「世界一の“山アソビ”を作る」

さて、ここからは1日目に見たこと、学んだこと、体験したことを活かしながら、参加者で新しい山の遊び方を考える時間です。

 

まずは、山って一体どんなところなのか、その特長をみなさんに洗い出してもらいました。

 

そんな山でどんなことをしたら面白いのか、各人のユニークなプレゼンが続きます!

 

 

プレゼンの後、各班代表のアイディアが決まり、それぞれを一つのシートにつくっていってもらいます。

 

各班プレゼンタイムです。それぞれの班のアイディア、どれもユニークなものでした。

 

こちらの班は、森のハロウィンパーティと題して、森にあるものだけを使った仮装パーティを提案してくれています!

こちらの班は、山菜を使ったバー付きの森の映画館!

最後の班は、山に落ちているものだけを使って音楽を作る、山の音楽隊オーケストラ!

これらのアイディアを活かして、次回の山アソビツアーは作られていきます。

 

皆様、2日間本当にありがとうございました!!

是非次はまた新しい人達とこの長野で山アソビができるのを楽しみにしています!!

Facebookコメント

Picture?type=normal

Ken Toyoda


自分用にメモをつける


意識調査

実施中 「豊洲に移転し築地再開発」の方針、賛成?反対?

8
東京都の小池知事は、市場を豊洲に移転したうえで、築地を再開発して市場機能を確保しながら、5年後をめどに食をテーマとした一大拠点とする基本方針を表明しました。あなたはこの方針に賛成ですか?反対ですか?
合計: 4

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます