介護職員の給料が低い理由とは?いつ給料は見直されるのか?

  • 福祉
  • 介護
  • 介護職員の給料
  • 転載
  • 介護のお仕事
この記事の読了時間:約2分
2016.10.26

「なんで介護職の給料は低いんだろう」
「なんでこんなに介護の仕事は大変なのに、給与が少ないのか」
「人の命を預かり、専門知識が必要とされ、さらに身体への負荷が高い仕事なのに、なんで平均年収が他の業種よりも低いんだろうか」
「今後介護職員の給料って、上がるのかな?」

などなどの疑問や不満、不安を持つ人は少なくないと思います。

 

全産業と比較しても低い 介護職の平均給料

厚生労働省の統計によると、

・福祉施設の介護員の月給は2014年の全国平均が常勤で21万9700円
・訪問介護員(ホームヘルパー)は22万700円

と、全産業平均の32万9600円より約11万円低い結果になっています。

介護労働安定センターの調査では、次表のとおりです。
介護士の平均賃金

 

介護士の月給を30万円に上げるには、1兆4千億円が必要?

以前にハフィントンポストに掲載された「介護職の賃金引上げ試算 〜 年間1兆4千億円の財源で全産業平均に並ぶ」という記事では、介護職員1人当たりの給料を月10.6万円引き上げるのに、約1兆4千億円の予算が必要となるそうです。

 

介護士の給料の大本はどこなのか

残り:744文字/全文:1268文字

Facebookコメント

Ridi

リディラバ メディア事業部

リディラバ メディア事業部
お問い合わせ:media@ridilover.jp

自分用にメモをつける

意識調査

実施中 日本にも分断はあると思いますか?

1
アメリカ大統領選挙やフランス大統領選挙など世界で分断が叫ばれています。日本にも分断はあると思いますか?
合計: 27

Facebookページにぜひ「いいね!」をお願いします!「いいね!」を押すと、TRAPROの最新記事が受け取れます